ビジネスには経営感覚が必要です

ビジネス学校では経営について教えていますが、その理由はとても合理的な考え方からです。ビジネスとは仕事をすることですが、その仕事は単に働くことではありません。すべてのビジネスは経営感覚が求められます。経営感覚とはお客様と資本家と従業員の三者のバランスを取ることです。このバランスを取るということは決して簡単ではありません。だからこそビジネス学校で教える必要があります。働くだけならわざわざ学校に行く必要はありません。この3者のバランスを取ることがどれほど難しいかは少し考えるならすぐにわかります。例えば、飲食店で考えてみます。飲食店ではお客様に満足を与えて多くの人から支持を得ることが必要です。それによって売上げを作りことができ、利益を出すことができます。利益を出すことは資本家にとってはうれしいことですが、利益のうち従業員にも報酬を支払う必要があります。このとき資本家と従業員の利益は相反するものですので両者が納得する点を見つけることは簡単ではありません。この三者全員が納得する落としどころを決めることが経営者の役割です。自分の利益のことだけを考えて働くのでは本当の意味で働いたことにはなりません。仕事を通じて社会に貢献して初めて仕事をしたことになると教えることが大切です。

ビジネスの凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP